スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

材料について

市へ出店していると
こぎんの材料についてよく聞かれます。
本当、こぎん専用の材料はなかなか入手が困難なので、
お気持ち分かりますっ!!
本当、無いんですよね~。。。

最近、聞かれる事がさらに増えて来てまして
『こぎんを刺されている方が増えているんだな~』と
実感しております。


私の場合について簡単にお応えすると・・・


糸は、青森からお取り寄せしたり、
フランスの刺しゅう糸や、日本の太めの刺しゅう糸
(ともにマットなもの)を使っています。
初心者の方にはやはり『こぎん糸』とうたっている糸の方が
適度にヨリがあるので、
刺しやすいのかな~と私は感じています。
ヨリがあまり好きでないという方には、
刺し子や刺しゅう糸の本数を調節して使用していただければ
色も豊富に揃いますし、いいと思います!!


それから、生地についてですが、
生地は青森からのお取り寄せもありますが、
ほとんどが都内で購入しております。
綿のコングレスは大型の手芸店であれば
揃っているところも多いのではないでしょうか。。。
リネンに関しては、
ほぼベルギー産のものを使っています。
(こちらの商品は6月の個展で初のお披露目になります)


*****

28日のワークショップではいち早く、
また、メルマガでも
材料が買えるお店などのご紹介をしたいと思います。

また、6月の個展の際には
オリジナルのこぎん糸の販売も予定しております!!
お楽しみに~!!
スポンサーサイト

はじめまして。
kabuさんの「my room」からとんできました。

私は青森在住なので、材料は手に入りやすいのですが、
こぎん糸は色の種類が少なくて、こんな色があったらなあって
思うことがよくありました。

そんなとき、kabuさんのブログで、kabuさんが御自分で草木染で
未晒しの糸を染めているという記事を発見!。
自然の色の美しさにしばし見とれてしまいました・・。
こぎん刺しという素朴な刺繍にとっても似合うと思いました。

そうか!無いなら作ればいいんだ!と目からウロコで、
私も近々挑戦するつもりでおります。
まろさんも、もしお時間がありましたら、ぜひ作ってみては?
ほんとに美しいですよ~


by: ミミ * 2010/03/15 19:37 * URL [ 編集] | UP↑
■ミミさん
コメントありがとうございます!!
青森在住だなんて、
こぎんを刺してる身からすると
とってもうらやましく思います!!

草木染の糸や生地は素敵ですよね~。
私も興味があるので、
時間のある時にはぜひチャレンジしてみたいな~と思いつつ、
なかなかそこまでは・・・といったところです。。。
ミミさんも染められたら、
ぜひまたその様子などお聞かせください!!
by: まろ * 2010/03/15 23:04 * URL [ 編集] | UP↑
こぎん大好き
はじめましてこぎん初心者です 私の住んでるところは材料の販売店がなく…コングレスより少し粗いアイーダに刺しています。始めたばかりなので模様が形になるのが楽しくて楽しくて…
by: ぴぃさん * 2010/03/18 14:14 * URL [ 編集] | UP↑
■ぴぃさん
コメントありがとうございます!!
私もはじめは材料がなく、とりあえず刺している・・・
という感じでした。
でも、だんだんと模様が出来あがってくると
本当、楽しいですよね♪
だから私もやめられないんだと思います♪
by: まろ * 2010/03/19 01:32 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

取扱店様

about...

【me】
萩原ひろみ(まろ)
1978年12月16日生(AB型)
創作こぎん作家として
活動しています

【スマイラフ】
語源:
smile + laugh = SMILAUGH

【こぎん刺しとは?】
 → more

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

MAIL

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。