スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ワークショップ開催!!


DSCF3439.jpg


2010年3月28日(日)
①13:00~15:00 満席となりました
②16:00~18:00 満席となりました
場所 : アトリエ もみの木(新宿)にて

初めてこぎん刺しをされる方向けの
ワークショップを開催いたします。
ストールピン or チャームに仕立てていただきます!!
居心地のよいもみの木さんの空間で、
のんびりと、日本の民芸であるこぎん刺しを
ほっこり体験してみませんか?

今後、こぎん刺しをさらにしてみたい方の為に
生地や糸の販売も予定しております。


*****

■ 講習費 3000円 (材料費込み・お茶菓子+プチおみやげ付)
■ 定員 6名

糸きりハサミをお持ちいただけると作業がスムーズだと思います。
その他はコチラで用意しておりますので、手ぶらで気軽にお越しください!!

*****

参加をご希望の方は2月22日よりメールにてお申し込みください。

お名前・ご住所・お電話番号(当日連絡がとれるもの)・メールアドレス
チャーム or ストールピンのご希望(当日変更可)
を maroming@yahoo.co.jp  までメールでお知らせください。

*****

キャンセルされた場合 材料費などの経費が必要な場合があります。
当日の無断キャンセルの場合は受講料を全額いただきます。
事前の連絡をよろしくお願い致します。

*****

アトリエ もみの木
〒151-0053 東京都新宿区代々木2-39-1
TEL:03-6276-2665

DSCF3427.jpg


初めてのワークショップで
私の方が緊張していて、ダメダメかもしれませんが(笑)
お一人でもお気軽に参加してくださいね!!
好きな生地の色と、好きな糸の色を選んで
サクサクと初めてのこぎんを体験してみてくださいね!!
生地は10色・糸は30色以上の中からお選びいただけます!!
(当日までに、もっと沢山の色を揃えておきたいと思います♪)
少しでもこぎん刺しのポイントを
お教え出来ればいいな・・・と思っております。
頑張りますので、ぜひぜひ参加お待ちしております!!


また、なかなかこぎん専用の生地や糸を探すのは難しいかと思います。
私がいままで使用している生地や青森から仕入れた生地・こぎん糸の販売を
予定しております。
お教室に参加されない方ももしよろしかったら
お店にお立ち寄りください。
(ワークショップ中は直接対応出来ないかと思いますが・・・)


スポンサーサイト

わ~がんばれ!まろせんせい。
ベタ刺しっていうの?
ごめん、無知で。
今年はね、なんかそこに惹かれるものがあって、おんなじ模様を生地を
織るように刺していきたくて。

↓お疲れ様でした。
たくさんのこぎんツリー
私も見たかった!
by: ままちん * 2010/02/18 21:50 * URL [ 編集] | UP↑

おぉ!
『まろ先生』になるんですね~♪
私も近くだったら行きたかったです☆
楽しんできてくださいね♪

突然なんですが、ブログのお引越しをしましたので
お手数をおかけいたしますが、リンクの変更をお願いします。
http://stepbystep416.blog31.fc2.com/
by: 美桜 * 2010/02/18 21:51 * URL [ 編集] | UP↑
■ままちんさん
先生だなんて・・・めっそうもない!!
けど、少しでもこぎんの楽しさを
伝えられたらいいなぁ~と思います!!

ベタ刺し・・・ってたぶん言うんだと思います!!
けど、私も総刺しって言いますよ!!
織る様に刺す・・・まさにそんな感じがします♪
by: まろ * 2010/02/19 01:12 * URL [ 編集] | UP↑
■美桜さん
先生と呼ばれるのはこそばゆいです。。。
ぜひいつかご一緒出来るといいですね!!

ブログのお引越し了解いたしました~!!
by: まろ * 2010/02/19 01:13 * URL [ 編集] | UP↑















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

取扱店様

about...

【me】
萩原ひろみ(まろ)
1978年12月16日生(AB型)
創作こぎん作家として
活動しています

【スマイラフ】
語源:
smile + laugh = SMILAUGH

【こぎん刺しとは?】
 → more

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

MAIL

あしあと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。